カタログギフトの種類を紹介します!

プレゼントに最適なカタログギフト

どんなカタログギフトがあるのか

お祝いしたい気持ちを伝える時は、相手にプレゼントを渡してください。 しかし人には好みがあるので、どれを渡せば良いのかわからない人もいるでしょう。 そこで、誰からも喜ばれるのがカタログギフトです。 カタログギフトは相手が商品を選べるという部分が、大きな特徴でしょう。

相手が喜ぶものを渡そう

カタログギフトは様々な商品が掲載されており、本人が自由に欲しい商品を選べる面が魅力です。
相手に贈り物をしたいけれど、何を送れば良いのかわからない時に使うと良いでしょう。
カタログギフトを決める時は、まず料金を決めてください。
3000円ぐらいの商品が紹介されていたり5000円ぐらいの商品だったりと、それぞれのカタログギフトによって商品の価格が異なります。
用途に合わせて、金額を決めると良いですね。
あまりにも高すぎる価格のカタログギフトでは、相手が委縮してしまう可能性があるので注意しましょう。

家具や家電、さらに食品に特化しているカタログギフトもあります。
相手に好みや欲しいものに合わせて、カタログギフトの種類を決めましょう。
引っ越し祝いや結婚祝いに渡す際は、家具や家電が豊富に紹介されているカタログギフトがおすすめです。
グルメな人には、高級料理が紹介されているカタログギフトを選びましょう。

赤ちゃんが生まれた人には、出産祝いや内祝い専用のカタログギフトを探してください。
そこには赤ちゃん用品がたくさん紹介されているので、必要なものを相手が選んでくれるでしょう。
そのようなタイミングでカタログギフトを渡す際は、相手が出産してから1か月以内に渡すように心がけてください。
相手とのタイミングが合わなかったり、遠くに住んだりしている時は郵送で送っても構いません。
カタログギフトを渡すことで、こちらの気持ちが伝わります。

需要があるものを見極める

相手に喜んでもらうため、需要があるカタログギフトを見極めてください。 引っ越ししたばかりや結婚したばかりの人には、家具や家電が良いでしょう。 グルメな人は、高級食材や珍しい料理を注文できるカタログギフトがおすすめです。 それぞれで、扱う商品が異なることを理解しましょう。

赤ちゃんが生まれた

知り合いに赤ちゃんが生まれたら、非常におめでたいことなのでお祝いしてください。 育児用品を注文できるカタログギフトもあるので、そのような機会におすすめです。 カタログギフトを渡す時は相手の家に直接持って行っても良いですし、郵送する方法でも構いません。

TOPへ戻る